できるときにやっていこうと思った話

中身のない最近考えたことメモ。


詳細は書かないけど、先週の水曜くらいから左手の薬指(と小指)を動かすと痛くてまともにタイピングできない状態になっていた。

この記事を書いている今はだいぶ痛みも引いてめでたしめでたし👏って感じなんだけど、指を痛めている1週間ほどは「ぽよ〜」ってなっていた。(仕事はコーディング以外にもやることがあったので影響はなかった)

で、今回は右手と左指3本で遅いながらも一応タイピングできていたけど、例えばもし「タイピングが全くできない状態が長期間続くようなことになったらどうするんだろう」とか「指以外でも身体の何かしらに問題があって今やっていること(仕事とか)ができなくなったらどうなるんだろう」みたいなことを考えていた。

「もしそうなってしまったら」の答えは出ていないのだけど、そうならないためにも健康には気をつけようという気持ちになった。まあ「それはそう」って感じなんだけど、最近雑に生きている感じがあったのでいろいろ考え直すきっかけになった気がする。当たり前にできていたことが突然できなくなることがあるかもしれないので、できるときにどんどんやっていこうと思った。